日本国憲法の要点まとめ!成り立ちや三大原理をわかりやすく紹介

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

日本国憲法の文字入り背表紙

中学や高校の受業でも出る、日本国憲法の要点についてまとめました。今回は、基礎部分の「日本国憲法の成り立ち」と「三大原理」について紹介します。

学生の方は受業の予習やテスト対策のために、大人の方は社会の基礎知識を復習するつもりでご覧ください。

日本国憲法の要点【成り立ち】

現在の日本国憲法の前には、『大日本帝国憲法』が施行されていました。

大日本帝国憲法は明治時代に制定され、1945年まで施行されました。「明治憲法」「帝国憲法」とも呼ばれます。

1945年、第2次世界大戦で日本が連合軍に降伏したのち、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領政策で「日本国憲法」が作られました。

大日本帝国憲法の特徴は、主に2点です。

  • 天皇主権(権力のトップは天皇。軍隊の統帥権、統治権、立法権などが与えられていました)
  • 議会制(衆議院と貴族院の二院制。江戸幕府の封建社会から大幅な変化をしました)

当時の国民は、「天皇(君主)の支配下」にあるため臣民と呼ばれ、権利は「法律の範囲内」で認められていました。

1945年のGHQによる占領下で、

  • 日本軍の無条件降伏
  • 日本の民主主義的傾向の復活強化
  • 基本的人権の尊重
  • 平和政治
  • 国民の自由意思による政治形態の決定

など、GHOの要求に応じて、日本政府は日本国憲法を公布・施行されます。

日本国憲法の要点【公布と施行の年月日】

昭和21年11月3日 皇居前広場「日本国憲法公布記念祝賀都民大会」-臨席された天皇・皇后両陛下
(昭和21年11月3日 皇居前広場「日本国憲法公布記念祝賀都民大会」 臨席された天皇・皇后両陛下)

日本国憲法の公布と施行の年月日を、表にまとめました。

西暦と年号、両方ともテストに出やすいポイントですので、おぼえておきましょう。

日本国憲法年月日
公布日1946年(昭和21年)11月3日
施行日1947年(昭和22年)5月3日

憲法とは、国が定める法律の中で「最高法規」です。憲法に違反している法律は、無効となります。

日本国憲法でも同様で、内閣が制定した法律も憲法違反とされれば効力はありません。

法の構成のピラミッド図

日本国憲法の要点【三大原理】

三大原理のイメージ図

日本国憲法には、「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」の三大原理があります。

三大原理の押さえておきたいポイントを表にまとめました。

三大原理ポイント
1.国民主権
  • 主権とは国の意思を決定する権利
  • 日本国憲法下では天皇は「象徴」とされる
2.基本的人権の尊重
  • 基本的人権は生まれながら持っている権利
  • 侵すことのできない永久の権利
3.平和主義
  • 戦争の放棄
  • 戦力の不保持
  • 交戦権の否認

三大原理1.国民主権について

日本国憲法では、前文と第1条で国民主権を定めています。

国民が政治権力の責任主体であり、国民の意思によって政府機関が設立・運営されるとする思想です。

また、日本国内の政治は、国民が選挙で選んだ議員を代表者として、議会を通して政治の内容が決まります。

上記で紹介した流れのように、議会を通してから政治を決める方法を「議会制民主主義」「間接民主制」と呼びます。

ちなみに、「議会制民主主義」の対義語は「直接民主主義」といい、採用している代表国はスイスです。

直接民主主義では、構成員が代表(代議員)を用意せずに、共同体の意思決定に直接参加する仕組みです。

三大原理2.基本的人権の尊重について

基本的人権の尊重とは人間ならば当然として保有している権利です。

日本国憲法では、思想や表現の自由を尊重する「自由権」「参政権」「社会権」、国や地方公共団体に対する損害賠償請求を定めている「受益権」を基本的人権として定めています。

権利概要
自由権
  • 法律に反しない限り国民の自由が保障される権利のこと
平等権
  • 全ての国民は法の下の平等であり、性別や人種、思想によっての差別は受けない
社会権
  • 人間らしい生活を国が保障する権利
参政権
  • 国民が直接、または政治家を通じて間接的に選挙に参加する権利
  • 間接制民主主義とも呼ぶ
請求権
  • 国に賠償を求める権利や裁判を受ける権利を定めている
身体の自由
  • 犯罪をして逮捕される以外は、体を不当に拘束されない権利
精神の自由
  • 思想・良心の自由
  • 表現の自由
  • 信教の自由
  • 学問の自由

上記の4項目に分かれている。

経済活動の自由
  • 職業選択の自由がある

基本的人権の尊重については、こちらにも詳しい記事がありますので、あわせてご確認ください。
【参考:基本的人権の尊重とは?意味や種類をわかりやすく解説

三大原理3.平和主義

日本国憲法の「平和主義」は、

  • 戦争放棄
  • 戦力不保持
  • 交戦権の否認

の3つが、9条で規定されています。

武力と戦争の放棄を規定した憲法は世界的にも珍しく、9条の存在が日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶ根拠となっています。

しかし、国民の平和的生存権を明記した前文や、生命・自由・幸福追求の権利を国政の上で最大限尊重すべきとした13条を根拠に、自衛・国防のための「自衛隊」が存在します。

2019年現在、安倍政権は「自衛隊を憲法9条に明記しよう」と改憲へと動いています。

自衛隊や自衛権について関心がある方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。
【参考:自衛隊の実力とは?国内外問わず活躍する彼らの実態に迫る
【参考:集団安全保障と集団的自衛権とは?意味や違いをまとめて解説

日本国憲法改正の手続きと天皇の国事行為

国会議事堂内

日本国憲法を改正する為には、手続きを踏む必要性があります。

また、天皇の国事行為についても合わせて紹介しますので参考にしてください。

日本国憲法改正の手続き1.衆参両議院で総議員の2/3以上の賛成
2.国会が憲法改正を発議
3.国民投票を行い、有効投票の過半数の賛成があれば、成立
4.天皇が国民の名において公布
天皇の国事行為①国会を召集する
②法律を公布する
③衆議院を解散する
④内閣総理大臣の任命
⑤最高裁判所長官の任命

日本国憲法の要点は勉強・社会常識として知っておこう

日本国憲法をすべて理解するのは困難です。
しかし、教科書に載っているような要点「成り立ち」や「三大原理」は、テスト勉強のためや、社会常識として知っておいても損はありません。

また、憲法改正の話題があがりやすい現代では、憲法への意識や、改正手続きの知識があるとニュースがわかりやすくなるでしょう。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
政治経済の基礎知識

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.