アベノミクスが失敗だと言われる理由とデータから読み取れる成果を解説

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

アベノミクスが失敗だと言われる理由とデータから読み取れる成果を解説

政治の話になると必ずといっていいほど耳にする「アベノミクス」。テレビや新聞などでは失敗しているという意見もよく見られますが、実際のところどうなのでしょうか。
この記事では、アベノミクスのこれまでの成果について、データを見ながら考えていきます。

アベノミクスとは

アベノミクスとは

アベノミクスとは、安倍総理大臣が主導している経済政策の通称です。
安倍首相の「アベ」と、英語で経済を指す「エコノミクス」を組み合わせた造語です。
2012年に始まった政策で現在も続いています。

アベノミクスは「3本の矢」と呼ばれる3つの政策を軸にデフレを脱却して景気回復することを目的としています。3つの政策とは、「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」のことです。

大胆な金融政策

金融政策とは、日本銀行が景気を安定させるために行う政策のことです。社会に出回るお金の量や金利を調整したり、株や国債を売買したりします。

アベノミクスでは、景気が良くなるまでお金の量を増やし続けることで強制的にデフレを脱却するという、大胆な金融政策が行われています。

機動的な財政政策

アベノミクスでは公共事業を積極的に行うことで、仕事を増やし、景気回復を目指しています。

税金を調整したり公共事業を行ったりすることで、お金の流れを生み出し、景気の安定を図っています。

民間投資を喚起する成長戦略

景気を回復するためには、企業が工場などの設備を積極的に導入する必要があります。アベノミクスでは、企業による設備投資(民間投資)をうながすために、成長が見込まれる産業への融資規制を緩和することで、民間投資を行いやすくしています。

こちらの記事ではアベノミクスについて詳しく解説しています。気になる方はぜひご覧ください。
【関連記事:いまさら聞けない「アベノミクス」とは何?わかりやすく解説

無添加育毛剤イクオス

アベノミクスが失敗だと言われる理由

アベノミクスが失敗だと言われる理由

アベノミクスはデフレ脱却の政策として期待され、長年に渡って行われているにもかかわらず、失敗しているという声があげられます。
そこで、なぜアベノミクスが失敗だといわれている理由について解説していきます。

金融政策だけではデフレ脱却できない

アベノミクスによる金融政策を行っているにもかかわらず、日本経済はデフレから脱却できない状況が続いています。
デフレは、派遣社員の増加や労働条件の悪化などを始めとし、不安を感じた国民が物を買わずに貯金するなどといった多くの要素がからみあった悪循環によって引き起こされます。
アベノミクスは、デフレが原因で上がったお金の価値を紙幣を増やすことで無理矢理下げ、インフレ化させることで、デフレからの脱却を試みました。

しかし、デフレとなった原因の解決をせずに、金融政策のみで問題を解決しようとしたため、所得と消費のバランスが合わず、格差が広がる原因にもなりました。
これが、アベノミクスが失敗だと言われる原因の一つです。

中小企業にアベノミクスが行き届いていない

日本銀行が金融政策でお金を増やすと円安になり、円安になると輸出産業が多くの利益を得られるようになります。そのため、大企業では景気がよくなっていると感じている企業が多くあります。しかし、中小企業では景気がよくなっていると感じている企業は少ないです。

アベノミクスは大企業にとっては恩恵がありましたが、中小企業にはその恩恵が行き届いていないといえます。

アベノミクスの恩恵が中小企業に行き届かないのは、アベノミクスが「トリクルダウン」という考え方をベースにしているためです。
トリクルダウンとは「したたり落ちる」という意味で、まず大企業や投資家など強い立場の人々を豊かにすることで、その豊かさが中小企業や一般市民などといった、弱い立場の人々にもやがて浸透してくるという理論です。

しかし、トリクルダウンは本当に正しいかどうか立証されておらず、否定的な結果も出ています。日本全体の景気回復を図るための政策であるはずのアベノミクスですが、そもそも前提が間違っている可能性も考えられるわけです。

アベノミクスの成果をデータから考える

アベノミクスの成果をデータから考える

アベノミクスは日本銀行による金融政策や政府による財政政策など、マクロ経済学に基づいた経済政策です。しかし、実際に理論通り上手くいくとは限りません。

そこで、アベノミクスが成功したのか、失敗したのか、実際のデータを元に考えてみましょう。

データで見るアベノミクス

内閣府が発行した「データで見るアベノミクス」によると、国内総生産は2012年の493兆円から、2019年には554兆円と61兆円増加しています。そして企業収益は48.5兆円から83.6兆円になり35.1兆円増加、就業者数は6,271万人から6,655万人と384万人増加しています。
特に企業収益の83.6兆円は過去最高の数字です。

また、15歳から64歳の生産年齢人口が減っているにもかかわらず、就業者数は増加していますし、企業の倒産件数や失業率も減少しています。

つまり、データで見るとアベノミクスは確実に成果を出しているといえます。

アベノミクスの成果を実感できない理由

データを見るとアベノミクスは、確かに成果を示しています。
しかし、国民はこの成果をあまり実感できていないといえるでしょう。原因は消費者物価指数の上昇にあります。

アベノミクスの影響で国内総生産や企業収益が増えていますが、最終的に国民の豊かさにはつながっていません。

実はアベノミクスにより、賃金は少しずつ上昇しています。しかし、賃金の上昇以上のペースで物価が上昇してしまっています。
そのため、賃金が上がったにもかかわらず、これまで買えていたものが買えなくなってしまうといった状態になってしまっています。
賃金が上がっても、生活が豊かになっていないのであれば、景気回復を感じられないのも無理はありません。

つまり、名目賃金は上がっていますが、消費者物価指数も上がっているので、国民はアベノミクスの成果を実感できないのです。

アベノミクスの成果について考察している記事もあります。よろしければぜひご覧ください。
【関連記事:アベノミクスの成果とは?景気回復や成長戦略はどのように変化したか

アベノミクスはまだ終わっていない

アベノミクスはまだ終わっていない

アベノミクス開始から7年ほどたちましたが、国民が景気の回復を実感するレベルにはまだ達していないようですが、国内総生産や企業収益といったマクロな数値は確かに改善され、賃金も名目賃金は上昇傾向にあります。

アベノミクスは失敗したという意見もありますが、ようやく成果が出始めてきているという見方もできます。アベノミクスの成功・失敗を判断する時は、政策がまだ継続中であることを考慮しなければなりません。

このままアベノミクスを続けて確実に景気がよくなる保障はありません。しかし、失敗したと断定するにはまだ時期が早いといえるでしょう。

今後の日本では消費税増税やオリンピックなど、経済に大きな影響を与えるイベントが控えています。こういったイベントがアベノミクスにどう影響するかを踏まえて、今後の動向を注意深く見守っていきましょう。

アベノミクスは成功か失敗か、今後の動向に注目

アベノミクスは、3本の矢を中心に大きな注目を集めています。
失敗だという意見もありますが、データを見ると成果は現れ始めています。

アベノミクスはまだ継続中です。今後は日本経済に大きな影響を与えるであろうビッグイベントが控えています。

アベノミクスが成功するのか失敗するのか、今後の動向に注目しましょう。

こちらの記事では、アベノミクスを主導している安倍総理の任期について紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。
【関連記事:安倍晋三首相の任期は?記録更新もありうる?

『未来地図』では、TwitterとFacebookからも情報を発信しています!

最新記事の投稿をお知らせしたり、記事にはない「時事ネタ」についても書いています。

ぜひご覧になって、フォローしてくださいね♪

★未来地図の公式【Twitter】は、こちらから!

★未来地図の公式【Facebook】は、こちらから!

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
政治経済の基礎知識

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.