【一斉休校の影響】給食業界から悲鳴

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

【一斉休校の影響】給食業界から悲鳴

政府の今後の対応に注目

小中高など、きょうから臨時休校へ 延期や見送る学校も
本日(2020年3月2日)より、2月27日(木)の政府要請を受けて、小中高校と特別支援学校などで春休みまでの臨時休校が始まっています。

しかし、休校しない学校や臨時休校日をずらす学校など、各自治体の判断は分かれています。休校しない学校の判断としては、教育面への影響と共働き世帯、ひとり親家庭での子どもの居場所の確保など、混乱が生じることを想定されるため休校対応はしない、とされています。

未就学児や小学生を家に置いて、仕事に出ることは厳しいです。
保護者への休業補償制度の創設を表明しましたが、どうしても休めなかったり、急きょ休むことに対して他の従業員がシフト変更のあおりをうけたりと現場では混乱が続くことが予想されます。
「学童保育に空きがない」「子どもの預け先がない」などの声を受けてか、政府は急きょ、1日に空き教室解放の方針を明らかにしましたが、それならそもそも休校した意味はなかったのではないか、という声も上がっており、対応が後手後手に回っている印象はぬぐえません。

また、休校の影響は給食業界にもでています。
学校給食専門で食材を卸している業者からは悲痛の声があがっています。
特に牛乳や野菜など日持ちしない食材を扱う業者や、給食用パンを専門に製造している業者は市場に食材を卸すこともできません。一ヶ月分の給食用の売り上げがなくなることで多大な損害額が発生します。政府の補填や補償は今後でてくるのでしょうか。

感染拡大に対して「この1~2週間が瀬戸際であり勝負の期間」と言われています。
混雑を避けるためイベントの自粛が促され、今回の休校措置による影響。確かに国民を守るための行動では有るかもしれませんが、唐突なやり方であり、事前通告もない今回の政府の要請については疑問がのこります。

無添加育毛剤イクオス

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.