職場でメガネ着用禁止される女性たち

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

職場でメガネ着用禁止される女性たち

メガネ着用で印象は変わる?

職場でメガネ禁止される女性たち。「まるでマネキン」受け付けから看護師まで
勤務中メガネの着用を禁止されている職場があると聞きます。
「作業中にメガネが落ちた場合など、安全上の理由からかな?」と思うと、そうではないようです。

『メガネ禁止』とされているのが主に接客業で、「冷たい印象を与える・和装に合わない」など、見た目のイメージに固執した理由ばかりが並ぶことに驚きます。
もっと驚きなのは、それが女性だけに課されていることです。

接客される立場で考えた時、「和装にメガネの女性に対して不快感を覚えるか?」「メガネ着用ありの女性となしの女性で印象は変わるか?」と考えると、一概には言えないと思います。
また、メガネ着用の男性とメガネ着用の女性に対しても、違った印象を持つことはないと思います。

以前、海外で某有名コンピューターショップを訪れた際、そこで働くほとんどの店員さんがボディピアスやタトゥーだらけで、日本ではありえない光景に驚いた記憶があります。ただ、その店員さんたちはとても知識が高く親切だったので、お店の印象自体が悪くなることは全くありませんでした。むしろ外見にとらわれず仕事を選べる自由があって羨ましいと思いました。

接客に画一的な美を求める時代はもう古いと思います。東京オリンピックを来年に控え、世界が日本に注目する機会も増えてきます。接客業において、最低限の身だしなみは求められても仕方ないとは思いますが、その先にあるサービスを重視する社会が理想的だと思います。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.