「生涯給料が低い」企業ランキング発表

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

「生涯給料が低い」企業ランキング発表

現代は「終身雇用」より「優秀な人材が育つシステム」が必要

最新!「生涯給料が低い」上場企業ランキング
東洋経済オンラインから「生涯給料が低い」上場企業ランキングが発表されました。

ここで言う「生涯給料」は、新卒で入社してから定年まで働いた場合の総額とありますが、そもそも今の時代に生涯同じ会社に勤務し続ける人がどれくらいいるのでしょうか。

日本では終身雇用が一般的で、勤務年数が短かったり転職が多いと「忍耐力がない」とみなされる風潮がまだまだあります。

一方海外では、極端に短い期間で転職を繰り返す場合を除いては、転職に対しネガティブなイメージはほぼないそうです。アメリカではそもそも「終身雇用」という概念がなく、転職は当たり前。仕事ができる人はより条件のよい職場を求め転職しますし、企業側も通年で採用を行うのが一般的だそうです。

また日本では勤続年数が長いほど給与が上がるシステムが一般的ですが、欧米では能力べースで決まっていきます。なので、雇用される側はスキルアップを求めて努力しながらよりよい職場を求めて転職していき、雇用する側はさらに企業にとって優秀な人材を探し続けるというシステムが成立しています。

日本でもプロスポーツの世界などでは、自分の実力を試すためによりレベルの高い場所へ挑戦することはよくあることで、その結果古巣に戻ることもあります。

日本ではまだ転職に対してネガティブなイメージが多いようですが、人が入れ替わることで会社のシステムがよりよくなっていく利点もあると思います。 
日本経済の将来を考えたとき、勤続年数を重視するよりも必要なのは、優秀な人材が育つシステムではないでしょうか。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.