男性の育休制度取得を増やすには?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

男性の育休制度取得を増やすには?

男性が育休を取りにくい背景

進次郎氏の育休検討に「待った」 国民の泉政調会長「まずは国民が先だ」

小泉進次郎氏の育児休暇取得について賛否が上がっているようです。

小泉氏の場合、実際に育休制度が必要というよりは、育休制度を日本で定着させるための見本という意味合いの方が強そうです。

多くの欧米諸国と比べ、日本では男性の育休取得率はまだまだ低いのが現状です。

そこにはさまざまな背景があると思われますが、欧米では、自分の持つ権利や家庭における義務の意識が強いことや、特に近年は男女平等の思想が強くなっていることなどが理由として上げられます。

では、今の日本社会で男性が育休取得に前向きになるには、どうしたらいいのでしょうか。

日本社会において男性が育児休暇を取りにくい背景には、休暇取得期間中の収入が減ることや、自分が休暇を取得することで負担を増やしてしまうことなどの周りへの配慮などがあると思われます。

国としては休暇取得中の補償を増やすこと、企業側は従業員が育休制度を取りやすい環境にするため、不要な業務の見直しやホームオフィス制度の取り入れでタスクマネジメントを強化させることなど、まだまだ改善の余地はありそうです。

取得する本人にとっては、欧米諸国と比べて社会の中で「空気を読む」ことがより求められる日本社会では、育休を取るのはなかなか勇気のいることなのかもしれません。

好感度の高い小泉氏が批判を覚悟で育休制度を取得することで、果たして男性の育休制度取得の定着に追い風を吹かせることができるでしょうか。

無添加育毛剤イクオス

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.