軽減税率制度を使って「抜けがけ」できる!?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

公平・中立・簡素ではない税制度

軽減税率制度導入まで2カ月 「複雑すぎる」の声

消費税増税と軽減税率制度導入まで2ヶ月を切りましたが、事業者にも消費者にも理解が進んでいないのが現状です。

税制には本来「公平、中立、簡素」という原則があるはずですが、今予定されている軽減税率制度は複雑で「簡素」ではないし、特定の事業や分野の税を軽減することは「公平」でもないでしょう。

持って帰るけれども店内で少し食べる場合、10%か8%かどちらでもできるのなら低い方を選ぶだろうし、それが常態化すると思います。

会計時に持って帰りますと言ったけれどやっぱり食べていきます、となっても、店側が客に追加で消費税を請求することはしないだろうし、もし追加で請求したらその客はもうその店に行かなくなるでしょう。そうなると、本来は10%が適用される場面で8%を適用する事業者も出てくるだろうし、それをねらう客も出てきそうです。

事業者、消費者両方に分かりやすい制度にしてから導入してほしいと思います。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.