ブランド名に日本の文化盗用!これも戦略の一つなのか?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ブランド名に日本の文化盗用!これも戦略の一つなのか?

ニュースから感じたこと

キム・カーダシアンさん、物議を醸していた下着ブランド「Kimono」の名前変更へ

今や各国の有名人が立ち上げるブランド商品をたくさん目にしますよね。
有名人の名だけで"どんなものなのだろう?"と興味が湧きますし、ブランド名も注目の一つです。国際的に影響力を持つ人が、今回のような日本の文化を盗用するようなネーミングにしたのはなぜでしょうか。

ましてや【着物】は日本の伝統的な文化の一つであり、日本人として誇れるものです。いろんな思いがありつけたネーミングでしょうが、明らかに世界から誤解を招くようなことですし、着物=kimonoの認識になってしまうところでした。商標登録を撤回しブランド名を変更することになり安堵する声も多いですが、そもそも【kimono】が商標として認められ、商標権を有していることに私は驚きです。今後ブランドを立ち上げていく有名人はたくさんいる事でしょうが、ぜひ快く受け入れられるものを発信していただきたいと願います。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.