地震災害に備え、どう対策していくべきか?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

地震災害に備え、どう対策していくべきか?

ニュースから感じたこと

新潟・山形地震、26人けが=停電復旧、800人超避難

近年、日本では地震や自然災害の被害が多くなってきていることはみなさん感じているでしょう。

"今年の漢字"に選ばれた【災】が象徴するように、2018年は実に多くの自然災害が日本を襲い、尊い人命が犠牲になりました。今回の新潟・山形地震では夜間だったにもかかわらず、死者が出なかったのが幸いです。建物の耐震構造や避難場所等の地震対策の普及、そして各々の防災意識の高まりにより被害が最小限に収まっているのでしょう。"明日は我が身"と思い、しっかりと準備や心構えをしておく必要がありますね。

私の住んでいる地区でも一年に一度、防災訓練があり放送とともに各自避難場所に行き、指導が行われます。学校でも子供たちの避難訓練があると思いますが、災害時に子供たちが学校へいた場合に混乱が起きないように実際に親が学校へ行き、避難ルートを確認し、子を引き取る際のルールを把握するという訓練も行われます。こういった訓練を積み重ねることで防災意識を高めるだけではなく、知識も得られることに繋がります。今後被災地では二次災害に十分注意し、国の的確な情報提供そして災害応急対策に万全を期してほしいです。

無添加育毛剤イクオス

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.