セクハラの定義と種類とは?自分を守るための判断基準と対処法

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

職場のセクハラで頭を悩ませている女性

「今のはセクハラ発言でしょ?」「それってセクハラ」等々。日常会話の中でもセクハラという言葉を頻繁に耳にするようになってきました。

皆さんはセクハラという言葉の定義を正しく理解して使っていますか?

今回はセクハラの定義と種類、セクハラから自分を守るための対処法についてまとめました。

セクハラの定義とは

街中で腕を組み困った様子の女性

セクハラ(セクシャルハラスメント)は、暴力行為であり人権侵害行為でもあります。

厚生労働省では「本人の意向に反する性的な言動がおこなわれること」をセクハラと定義しています。

とりわけ職場においては「性的な言動によって労働者の能力が発揮できなくなること、または、性的な言動を拒否したことで労働者に解雇や減給などの不利益が生じること」も含めています。

<参考:厚生労働省「こころの耳 セクハラに関してまとめたページ」

セクハラの種類!対価型と環境型

職場でのセクハラには「対価型」と「環境型」の2つの種類があります。

対価型とはセクハラ行為に対価を求めるタイプのもので、「一緒に食事に行くなら、仕事を優遇するよ」などの不当な提案をおこなうことです。

また、セクハラに該当する言動を拒否することで、仕事の機会や報酬等を減らすことも対価型のセクハラです。

たとえば、本人の同意を得ずに体を触り、「止めてください」と拒否されると、職務上の立場を悪用して減給したり職位を降格させたりすることがあります。

一方、環境型のセクハラとは、性的な言動で周囲の雰囲気を悪化させ、働きづらい環境にすることを指します。

たとえば、日常的に卑猥な冗談を言う人がいることで、職場の雰囲気が悪くなり、仕事への意欲が失われてしまうこともあります。

また、職場に性的なイメージのポスターを貼ったり、過剰に露出した衣服を着て出勤したり、不必要に体に触ったり、プライベートに踏み込んだ話題を大勢の前で話したりすることも環境型の性的な嫌がらせ行為です。

無添加育毛剤イクオス

どこからセクハラ?判断基準を知っておこう

オフィスで男性に壁ドンされて嫌そうな女性

セクハラの種類だけでなく、セクハラの判断基準を知っておくことも大切です。

「性的に不快に思うことはセクハラだ」とセクハラの基準を定義する方もいますが、実際には直感的に判断することは危険です。

たとえば、特定の人からセクハラ行為を受けている人が2人以上いる場合、片方が「わたしはセクハラだと感じないから」という風に声を上げないでいると、もう片方は不快に感じていても「セクハラだ」と声を上げづらくなってしまいます。

以下の3つの基準に照らし合わせ、セクハラ行為と思われるときは、本人に「止めてください」ときっぱりと言えるようにしましょう。

判断基準1.性的な発言や振る舞い

プライバシーに踏み込み、性的な事実関係を尋ねる行為はセクハラ行為です。

「最近、奥さんとはどうなの?」と何度も尋ねたり、大勢の前で「昨日は彼氏の家に行ったの?」などと聞いたりすることもセクハラといえるでしょう。

また、性的な内容が含まれる話題や冗談を話すこと、特定の人のセクシュアリティについての噂を流すこと、性的な側面でからかうこともセクハラです。

その他にも、自分自身の性的な体験や感覚について大勢の前で話すことも、職場の雰囲気を悪くするセクハラ行為の1つです。

判断基準2.意に反する身体的接触

胸や臀部などを触る行為は、命の危険がある場合や転倒などを防止する場合を除き、明らかにセクハラです。

また、肩や腕、髪、背中、顔などを触る行為も、触られる人が不快に思ったり周囲が不快な気分になったりするならばセクハラ行為と判断できます。

いずれにしても、緊急事態や危険が迫っている状況でなければ、体を不用意に接触することは避けるようにしましょう。

判断基準3.しつこいメールやSNSでの関係強要

「食事に行こう」「仕事について、個人的に教えるよ」などとしつこくメールで誘う行為は男性・女性を問わずセクハラ行為です。

また、上司・部下という関係性を悪用して相手が望んでいないのにメールやLINEで個人的なやり取りを強要する行為も、セクハラに該当します。

もちろん、メールやSNSを通さずにしつこく誘うこともセクハラです。

わざと残業するように仕向けて二人きりになろうと画策したり、出張先で業務時間が終わった後に飲食を共にするように強要したりすることも性的嫌がらせ行為といえるでしょう。

セクハラへの対処法

男性の胸倉をつかんで怒っている女性

セクハラ行為がおこなわれたとき、また、セクハラ行為によって職場が居づらい雰囲気になったときは、セクハラ行為をおこなう人に直接注意することがもっともシンプルな解決策です。

しかし、大勢の前で注意をすると、セクハラ行為をしている人から逆恨みされることにもなりかねません。

穏便に、なおかつ効果的にセクハラに対処する方法を紹介します。

個人的に注意を喚起する

大勢の前で「それはセクハラでしょ!」と指摘することは、セクハラ行為をおこなう人の自尊心を傷つけることになります。

軽い気持ちで「今日の洋服かわいいね」と褒めたつもりが、「私を性的な目で見ている!セクハラだ!」と大騒ぎされるなら、気軽に褒めることも難しくなり、返って職場の雰囲気を悪化させません。

不快な言動をおこなう人には、個人的に話せるタイミングで「昨日の発言はセクハラともとられかねませんよ」と注意するようにしましょう。

直接話すことが難しい場合には、同じ場所に居合わせた人に注意するようにお願いすることも1つの解決策です。

社内の相談窓口に伝える

セクハラ問題が繰り返される場合や同僚などに相談できない場合は、社内の相談窓口に伝えてください。

相談窓口がない場合は、セクハラ行為をおこなう人の直属の上司などの管理職に訴えます。

メールやSNSを通して、もしくは2人きりになったときを狙ってなど、セクハラ行為が被害者個人のみにおこなわれる場合は、日時と詳しい言動を記録しておくことも大切です。

細かく発言や行為を記録し、相談窓口や人事部、管理職に提出してください。

総合労働相談コーナーで相談する

会社内に相談窓口がない場合や管理職が適切な対応をしない場合は、総合労働相談コーナーや弁護士に相談することも検討してみましょう。

総合労働相談コーナーは各都道府県の労働局や労働基準監督署内にあり、無料で相談を受け付けています。

電話相談にも対応していますので、セクハラはもちろんのこと、パワハラなどの嫌がらせ行為を受けているときも頼ってみましょう。

セクハラの定義や判断基準を知り、不当な我慢をせずに自分を守ろう

快適な職場環境を維持するためにも、セクハラの定義や判断基準を知っておくことは大切です。

また、不快な思いを我慢するのではなく、然るべきところに伝えて早期に解決するようにしていきましょう。
 
 
セクハラと併発しやすいハラスメントについて、次の記事も参考になります。あわせてご覧ください。

パワハラとはどこまで?定義と具体例を紹介

マタハラとは?マタニティハラスメントの意味・事例・対策

モラハラ(モラルハラスメント)の定義とは?意味や対処法を解説

『未来地図』では、TwitterとFacebookからも情報を発信しています!

最新記事の投稿をお知らせしたり、記事にはない「時事ネタ」についても書いています。

ぜひご覧になって、フォローしてくださいね♪

★未来地図の公式【Twitter】は、こちらから!

★未来地図の公式【Facebook】は、こちらから!

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
生活サポート

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.