薬物依存症とは?病気の仕組みや症状、治療法についてわかりやすく

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

薬物と注射器と依存症で苦しむ女性

アルコールやギャンブルなどさまざまな依存症が問題になっていますが、大麻や合成麻薬、シンナーなどの乱用から抜け出せない薬物依存症も問題になっています。

なぜ薬物依存症になるのか、どのような症状があるのか、そして、治療法はあるのかについてまとめました。

薬物依存症は「薬物使用をやめたくてもやめられない病気」

薬物の白い粉と注射器

薬物依存症は、薬物使用をやめたくてもやめられないという病気です。

大麻や覚せい剤などを常用していると、「もうこれからは止めよう」と思っても、ふとした拍子に手が伸びてしまい、止めるきっかけを作れないまま使用し続けてしまいます。

また、薬物依存症は、大麻や覚せい剤などの所有自体が禁じられている特別なものだけに起こるのではありません。

たとえば、病気治療を目的とした医薬品でも起こり得ます。

本来の目的(=治療)とは異なる目的(爽快感や高揚感を得ることなど)で使用し、薬を服用しないと不安で落ち着かなくなったり、イライラして攻撃的になったりすることがあります。

薬物依存は安易な「一回だけなら大丈夫」から始まる

薬物依存症になりたいと願う人はいません。

初めは興味本位の軽い気持ちで、また、根拠なく「一回だけなら大丈夫」と自分を過信することから薬物に手を出します。

しかし、1回が2回になり、2回が3回となると、徐々に薬物使用から抜け出すことが困難になります。

治療を目的とした医薬品も同様です。

最初は「服用すると気持ちが落ち着くから」と、処方された服用回数よりも少し回数を増やすようになります。

そのうち、服用してもあまり効果が得られないように感じ、服用量を大きく逸脱した量を摂取したり、本来の目的である病気が完治した後も摂取し続けたりするようになります。

依存症になりやすい薬物とその効果は以下の通りです。

<依存症になりやすい薬物とその効果>

依存症になりやすい薬物薬物摂取によって得られる効果
コカイン、覚せい剤、MDMAなど興奮作用、高揚感
大麻、抗不安薬(精神安定剤)、睡眠導入剤鎮静作用、不安解消
大麻、一部のキノコ、LSD、シンナー幻覚作用

薬物依存症とはどのような症状?

薬物依存症で苦しむ男性

薬物依存症になると、程度に個人差はあるものの特有の症状が表れることがあります。

とりわけ以下の症状は、薬物依存症の患者によく見られます。

<薬物依存症の患者によく見られる症状>

気分的な症状
  • 機嫌が良いときと悪いときで態度が極端に異なる
  • イライラしていることが多い
  • ひどく不安そうな様子をすることがある
日常生活の変化
  • 食事が極端に減る。食事に興味を持てなくなる
  • 睡眠時間が減る
  • 暴力行為や攻撃的な言葉遣いをするようになる
  • 妄想や妄言が増える
社会生活の変化
  • 時間を守ることが難しくなるため、欠勤・遅刻が増える
  • 衝動的な言動や嘘が増えるため、信用を失う
  • 薬物を入手する資金を得るため、窃盗や売春、傷害などの違法行為をする

薬物依存症の症状回復に刑罰は役に立つ?

薬物の中でも大麻や覚せい剤は、保有していること自体が大麻取締法や覚せい剤取締法の違反に該当するため、刑罰の対象になります。

たとえば大麻を個人使用のために所有しているときは5年以下の懲役、売却用に栽培しているときは10年以下の懲役を科せられることがあり、一定期間、社会活動から隔離されてしまいます。

薬物依存症は完全には治療することが難しい病気ですが、薬物を使用しない状態を長く続けることで症状を緩和することは可能です。

懲役刑を受けて薬物から離れることは、薬物依存症の回復にある程度の効果が期待できると言えるでしょう。

出所後は通常以上に薬物から離れる強い意志が必要

しかし、刑務所にいるときに薬物を使用しない習慣を身につけたとしても、かならずしも一生薬物とは無縁の生活を送れるとは限りません。

出所してすぐにかつての仲間と会い、「1回だけだから」「出所したお祝いだから」と言い訳をしながら薬物を使用すると、再び薬物依存の生活が始まる恐れがあるのです。

また、刑期の間、薬物を使用しなかったということが「薬物を断つことができる」という過信につながり、今まで以上に気軽に薬物を使用することにつながることもあります。

本当に薬物から離れるためには、出所した後は薬物でつながった仲間とは関係を切り、「いつでも薬物依存の状態に戻る恐れがある」と自分を戒め、通常以上に薬物から離れる強い意志を持つことが重要です。

薬物依存症の治療法

薬物依存症の治療カウンセリング

薬物依存症になったら、薬物から離れることが何よりも大切です。

とはいえ、普通の生活を続けながら薬物と距離を置くことは容易なことではありません。

薬物を使用していた仲間と会った瞬間に、あるいは、注射器や白い粉、タバコ、ミネラルウォーターが入ったペットボトルなどの薬物を連想するものを見るだけで、「薬物を使用したい」という欲求が高まることがあるからです。

薬物でつながっていた仲間と会わない地域に引っ越したり、家族などに厳しく行動を監視してもらったりすることが必要になることもあるでしょう。

その点、大麻取締法違反や覚せい剤取締法違反で刑務所に入ると、一定期間は薬物の誘惑から離れることができます。

しかし、あえて刑務所に入所しなくても、薬物関連の治療機関に入院あるいは通院して集中的に治療に取り組むこともできます。

精神保健福祉センター等の専門機関や周囲の人の協力が必要

薬物依存症は究極的には自分との闘いですが、専門研究機関や医療機関、周囲の人の協力も欠かせません。

精神保健福祉センターや病院などの薬物依存症に対応する専門機関に出向き、薬物依存症治療のプログラムを受けましょう。

禁断症状が出ているなどの特定の状況を除き、薬物依存症治療プログラムはグループかつ通院で受けることが多いです。

通院では薬物から離れることが困難な場合は、数ヶ月入院して薬物依存症治療プログラムを受けます。

専門機関以外でも、薬物依存症の治療プログラムを受けることは可能です。

たとえば、薬物依存症を抱えた患者が集まって経験や葛藤を話したり生活の問題を相談したりする「自助プログラム」を利用できます。

自助プログラムは夜間や土日に開催されることが多いため、日常生活を送りながら続けやすいというメリットがあります。

薬物依存症の患者を自己責任で切り捨てず、支援できる社会こそ安全

誰でも薬物依存症になる可能性があります。無理やり薬物を摂取させられて止められなくなることや、病気の治療から薬物を常用するようになることがあるからです。

薬物依存症になった人が悪い」と切り捨てるのではなく、身近な問題として共に悩み、支援できる社会が真の意味で安全な社会と言えるのではないでしょうか。

代表的な禁止薬物の一種『大麻』の取締法違反についてまとめた記事はこちらです。あわせてご覧ください。
大麻取締法違反とは?芸能人逮捕で気になる、内容・時効・懲役を解説

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
用語の解説

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.