無投票選挙とは?地方の投票率が低い理由も紹介

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

選挙ポスターが1枚も貼られていない掲示板

無投票選挙とは、立候補数が少なく、無投票のまま立候補者が当選することです。今回は無投票選挙と、各地方選挙の状況についても解説します。

自分の住んでいる自治体の選挙ってそういえば聞いたことないな、という人は、無投票選挙があったのかもしれません。興味がある方は参考にしてください。

無投票選挙とはなにか

マイクを持って演説している選挙立候補者の青年

無投票選挙とは、投票をしない選挙です。ひとつの選挙区に候補者が一人しか立候補していないときは、立候補している人が「不戦勝」になります。

無投票選挙は、選挙区の住民に知らされますが、なかには自分の地域の選挙が無投票選挙になっていることを知らず、期日前投票に行ったという人が多くいるようです。

無投票選挙の必要性

日本では、選挙によって選ばれた議員が議会で政治を行うという政治体制をとっています。

無投票選挙がなかったら、投票がなかった選挙区の議員の席が空席になってしまい、政治が成り立ちません。

議員の空席を防ぐため、無投票選挙という選挙制度があります。

無投票選挙の構造

現状の選挙では、自民党が有利という考える人が多いと思います。

自民党と互角に戦える候補者を出す余裕がある政党でも、当選の可能性が極めて低い状況では、立候補しようとする人は少ないでしょう。自民党と他党の力関係も、無投票選挙を生み出す原因となっています。

選挙に立候補する当事者同士でも、選挙戦での争いを避けようという考えがあると思われます。

地元に昔から住んでいる人の方が組織票を集めやすかったり、現職が強すぎる環境では新人が立候補しにくかったりなど、選挙を取り巻く「構造」が無投票選挙に関係していることは確かでしょう。

無投票選挙の是非

無投票選挙により、候補者が一人しかいないのに地域の議会が円滑に開始・運営されるという議会もあります。

立候補した一人の候補者がもし落選した場合、選挙をやり直し、もう一度選挙活動をする必要があるからです。

しかし、無投票選挙であっても、立候補した人が議員にふさわしいかどうかの信任投票は必要でしょう。立候補さえすれば当選するような環境では、立候補者も有権者も政治に対する関心が低くなるのではないでしょうか。

無投票当選者が過去最多

選挙の投票箱と投票用紙

2019年3月29日に告示された、NHKのまとめによると、41の道府県議会議員選挙では、945の選挙区のうち、371の選挙区で定員を超える立候補者がありませんでした。合わせて612人が無投票当選を決めました。

都道府県別にみると、無投票当選者の割合が最も高かったのは岐阜県です。岐阜県では定員46人のうち無投票で当選したのは22人で、全体の48%程度でした。

これに対し、最も無投票の割合が低かったのは鳥取県でした。定員35人のうち無投票当選が3人で、全体の9%でした。

一方、17の政令指定都市で市議会議員選挙がありましたが、広島市や京都市など7つの選挙区で無投票選挙になりました。

平成の31年間に一度も選挙戦なし

島根県の県議会議員選挙では、奥出雲町の仁多選挙区で1人の定員に対して自民党の現職以外に立候補がなく、無投票選挙で当選しました。

仁多選挙区では9回連続の無投票選挙となり、平成になってから31年の間に、一度も選挙戦が行われていません。

地方の投票率が低い理由

地方における投票率が低い理由には、地方選挙では、「現職と新人候補が争うという構図が多く、現職のまま継続すれば良い!」という考え方の人が多いためだと思われます。

また、国政の選挙に比べて地方の場合はメディアが報道する機会が少ないため、市民の興味関心が低く、投票率も低いという理由に繋がっているのでしょう。

無投票選挙を避けるために

無投票選挙は、同じ選挙区でほかに立候補した人がいなければ、立候補した人が当選する仕組みです。

選挙がないと、政治への関心が低くなり、結果的に当選した人と親しい人や似たような考えを持った人が有利な政治になってしまいます。

「社会って、なんか自分に不利な仕組みになっている」と思う人は、自分が暮らしやすい社会をつくる第一歩として、自分が住む地域の議会で無投票選挙が行われていなかったか調べてみましょう。

選挙関連に関心がある方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

日本の選挙制度についておさらい!国会議員から地方議員まで

選挙に行かないとどうなるか解説!メリットとデメリットは?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
用語の解説

Copyright© 未来地図 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.